ストーリー(あの人の挑戦ストーリー)

vol.14 山村 宙載(やまむらちゅうさい)氏 
株式会社 やまむらや 代表取締役
お肉とバーベキューで
人の心を豊かに!
山村 宙載

何にチャレンジしているのか?

京都を中心に、お肉のスーパーとして6店舗を展開する「やまむらや」は創業40年。
「スーパー」の言葉通り、「焼肉」「BBQ」に特化したお肉を約150種類揃え、高品質・低価格で、手ぶらでお店に立ち寄るだけで、お肉とカット野菜はもちろん、「紙皿」「割り箸」「コップ」「焼き肉用つけダレ」「ドライアイス・氷」も揃えることができます。
そしてそれだけでなく、「コンロ」や「鉄板」「炭バサミ」などが無料レンタル可能。しかも、必要に応じて「テント」「イス」「クーラーボックス」までもが借りられる、「手ぶらでバーベキュー」という嬉しいサービスを行っています。
これまでのお肉屋さんの概念を拡張させながら、新しいサービスを打ち出す「エンターテインメント・フードカンパニー」をスローガンに邁進する「やまむらや」二代目経営者の山村氏ですが、ここまで道のりは決して平坦なものではありませんでした。在日韓国人として受けてきた「偏見」や、実の父との「確執」という人間関係の苦悩からうつ病になり、もがき苦しみながら乗り越えた経験があるからこそ語れる、挑戦への熱い思いを是非お聞きください。

なぜ、チャレンジするようになったのか?

山村宙載氏、店頭で社員と

私は在日韓国人三世として京都に生まれ育ちました。13歳で来日した祖父の影響を受けて育った父は、精肉店としての職に強いコンプレックスを持っており、私に対して「差別を受けない職業に就くこと」を望みました。「俺の言うとおりに生きろ」この言葉が毎日の口癖で、歯向かえば暴力を振う父が大嫌いでした。
語学が得意だったこともあり、「将来は国際社会で活躍できる仕事」を望んでいましたが、それは父の望みと離れており、大反対。結局は「おまえには自由はない。だから家業を継げ!」という言葉をきっかけに家に入りましたが、内情は思っていた以上にひどかったのです。各店舗の売り上げは好調だったにもかかわらず、会社全体が経営不振。それは完全に父をはじめとした経営層の能力不足だとしか当時は思えませんでした。

社員も希望を失っていることは働く目を見れば一目瞭然。お客様の評判が下がっていくのも無理はなく、「何としてでも立て直さなければ」と孤軍奮闘しては、父親との怒鳴り合いの日々。度重なる摩擦に遂には「うつ病」になってしまい、「もう辞めよう」と何度思ったのかわかりません。しかし、子どもの頃から働いている社員たちをどうしても幸せにしたいという思いは捨てきれませんでした。

何度も悩んだ先に、「事業継承をし、会社を立て直すには父との関係を修復すること以外に方法はない」と腹をくくり、父との関係修復に務めはじめました。まずは父を責めるのではなく理解に務めることからはじめたところ、時間はかかりましたが、父も祖父の「事業失敗の穴埋め」や、共に経営をする「兄弟間のトラブル」、「嫁姑の確執」など多くの悩みを抱えていた苦しみを初めて理解することが出来たのです。
それ以降、父とは闘うことをやめました。そして、「父子の関係」はもちろん、周囲との「人間関係の改善」「事業の安定」など、すべてが大きく変わっていったのです。

何のために、チャレンジするのか?

山村宙載氏、社員といっしょに

事業継承をする中で、父が本当に大切にしてきたことを深く学びました。私たちのお店は、「おいしいお肉をより安く、一人でもたくさんのお客様にお届けする」ことを使命としています。そして「お客様の立場の経営」「利他の心での経営」を引き継ぎ、地域社会と人々のために貢献していきます。
私たちの仕事は、「お肉を売ること」だけではありません。美味しいお肉を仲間や家族と共に野外バーベキューなどを通して食することで「心を豊かに」「人生を楽しみ」、幸せを感じて頂くことです。

これまでも、より良い人間関係の構築のために、「敬老の日」や「ハロウィン」などの「記念日割」はもちろん、「夫婦チュー割」と題して、レジ前でキスをしてくださったご夫婦に割引き行うなど、「お客さん様の幸せ」に向けたサービスを行い、地域貢献として「震災チャリティー」や「バベ婚」と題した婚活パーティーなどを開催。昨年度、ここで知り合ったカップルが成婚される嬉しい出来事もありました。
幸せこそが、私たちが提供させて頂いているものです。その幸せな関係性の拡張に、会社全体でチャレンジしています。きっと、幸せを感じる人で世の中がいっぱいになれば、「いじめ・差別・虐待」といった、悲しいニュースが流れることはなくなるでしょう。お肉とバーベキューを通じて、皆様の人生にまっすぐに貢献し続けていきます。

 

チャレンジJAPAN(ジャパン)サミット2017
栗城史多vol.01 栗城史多
登山家
苦境を乗り越え、いざ 世界最高峰へ6度目の挑戦!
秋季エベレスト登頂という厳しい条件を自らに課し、「冒険の共有」として山頂を目指...
小路晃vol.02 小路晃
元格闘家・人気ラーメン店 経営者
「最後の日本男児」と呼ばれた男の新たなる挑戦!
「世界で一番強い男になる!」 幼い頃の夢を実現した小路晃さんは、伝説の格闘技...
石本導彦vol.03 石本導彦
生命保険セールスパーソン
退職勧告から世界トップの業績へ!這い上がったセールスマンの挑戦!
「達成をする」以上に、「達成を続ける」難しさは想像に難くない。その常識を覆す...
石川謙太郎vol.04 石川謙太郎
クロスカントリースキー
目指すは世界NO.1!クロスカントリースキー頂点への道
スキー種目の中で日本が唯一、メダル獲得のない競技「クロスカントリー」。石川謙太郎選手(23歳)は...
石田竜吾vol.05 石田竜吾
TOT 保険外交員
どん底から、日本のトップ0.004%へ! 「できない」から「できる」を伝える挑戦!
ここに登場する石田竜吾さんはズバリ!「日本版トニー ゴードン」になることを目標に「妻のために」勇...
栄 和人vol.06 栄 和人
女子レスリングコーチ
東京五輪、全階級 金メダル獲得への挑戦!
吉田沙保里、伊調千春・馨姉妹のほか、多くのオリンピックメダリストを輩出してきた栄監督は今や、...
吉田沙保里vol.07 吉田沙保里
レスリング選手
東京五輪2020へ! 私が挑戦を続ける理由
「熱があっても 一度は道場に来てシューズを履け」― 吉田家に生まれるとは、そういうことなのです。...
中野里 陽平vol.08 中野里 陽平
築地玉寿司 代表取締役
創業90余年、4代目社長の「日本一いきいきとした寿司屋」への挑戦!
1皿100円の回転寿司か、気軽には行けない高級寿司か。二極化が激しい寿司業界で...
瀬出井 亮vol.09 瀬出井 亮
株式会社シーオーメディカル 代表取締役
美容業界の新たな巨人、「鏡を見ることが楽しくなる日々」への挑戦
様々なブランドが乱立する美容業界で、徹底したクオリティへのこだわりに挑戦し、創業3年目で驚異的に...
宇田川 宏孝vol.10 宇田川 宏孝
宇田川歯科医院 院長
「歯とお口の健康から患者様へ真の幸福を」 歯科業界変革へのあくなき挑戦
日本全国でコンビニの店舗数よりも多くの医院が存在する歯科業界。ライバル院との生存競争が過激化する...
渡辺 雅司vol.11 渡辺 雅司
株式会社船橋屋 代表取締役 八代目 当主
創業212年の伝統と革新が育む新しい時代への挑戦!
江戸時代文化2年(1805年)創業の 元祖くず餅「船橋屋」は、亀戸天神参道に誕生以来、「原材料・水・木...

我武者羅應援團vol.12 武藤貴宏
我武者羅應援團 團長
あの日の「後悔」が教えてくれた本当の挑戦!
「我武者羅應援團(がむしゃらおうえんだん)」をご存知ですか?彼らは昨夏リオ五輪に向けた吉田沙保里選手の...
俣野 千秋vol.13 俣野千秋
株式会社カフェリング 代表取締役
6年目で銀座へ!創業18年、「できる」と考え続けるジュエリーブランドの挑戦!
数々の有名ジュエリーブランド店が軒を並べる銀座の並木通り。そこにお店をかまえるのが、株式会社カフェリン...
山村 宙載vol.14 山村宙載
株式会社 やまむらや 代表取締役
お肉とバーベキューで人の心を豊かに!
京都を中心に、お肉のスーパーとして6店舗を展開する「やまむらや」は創業40年。150種類揃え、高品質・低価格...
日野 秀彦vol.15 日野秀彦
一般社団法人 背骨コンディショニング協会 代表理事
愛と背骨コンディショニングが実現する!
日本の医療費は2015年に41兆円を超えました。2015年度日本の税収56兆円と比較すれば、その大き...

髙山 幸治vol.16 髙山幸治
第一電建株式会社 代表取締役社長
「過去の自分が反面教師」社員が主体的に働く組織への挑戦!
売上が横ばい傾向の「電気工事業界」で、9年連続の売上げ更新と同時に230%以上の売上げを実現する第一電...
五十嵐 一浩vol.17 五十嵐一浩
レビンコンサル社会保険労務士法人 代表
「上場からの挫折経験が今の生きる指針に」 ハッピー・スモール・カンパニーへの挑戦!
事務所代表である五十嵐さんは、8年前に社労士として独立、社労士資格試験の講師を務め『労働条件審査...
石井 洋之vol.18 石井洋之
株式会社シーエー・モバイル 代表取締役社長
ZONE経営と、インターネットテクノロジーで、人々の暮らしを豊かにする
石井氏が代表を務める株式会社シーエー・モバイルは、インターネット広告代理店の雄であり、アメーバブログ...
動画メッセージ(リーダー達が目指す理由)

PAGE TOP